母親から厳しい指導をうけてクラシックバレリーナを目指す!

まなさんのお母さんはバレエダンサーとして活躍後、生徒が100人もいる人気教室を運営している。まなさんは「先生の娘」としてお母さんから厳しいレッスンを受けて、バレリーナとしても期待されていた。しかし高校一年生のときに左膝の靭帯を断裂するという大怪我をおってしまう。手術、リハビリしたがグランフェッテというバレエの基本的な技ができなくなってしまった。「もうプロのバレリーナにはなれない‥」まなさん自身は諦めがついたが、周囲は諦めてくれず、徐々に期待が重荷に・・・それまでちょくちょく小さな家出をしていたが本格的に家出を決意。
スーツケース1個で、その日になんとかバイトをきめてアパートを探し、お母さんが留守の間に友達たちに手伝ってもらいタンス2個分の荷物を車で運んだ。それ以来一度も家に帰っていない。

家出後、バイト3つを掛け持ち自力で専門学校にも入学

飲食店のアルバイト3個掛け持ちし一年半くらいで200万円くらい貯めて専門学校に入る。その後チアリーダーとして働き始め、プロ野球の公式戦のときに試合前にステージをしたり、試合中イニング間にダンスを踊ったり、商品紹介で雑誌や野球番組のCMに出演。

バーレスクと出会いダンサーを目指す!

19歳の時に見たバーレスクの映画がきっかけで「(自分が知っているバレエ以上に)こんなかっこいいダンスがあるんだ!」と衝撃を受ける。
日本でも踊れるお店、バーレスク東京がある事を知り、お客さんとして何度かお店に通い、ここで働くことを目指し、バーレスクダンス、ヒールダンス ジャズ、ヒップホップ、空中でのパフォーマンス エアリアルフープやティシューを猛特訓中。

将来の夢は!

目標はバーレスク東京でもっと稼げるようになること
そして母のバレエ教室で踊っているキッズの子達を、みてあげたい!
バレエを踊れなくても経営も密かに勉強していきたいと思っている
◆まなさん現在活躍中のバーレスク東京の情報

まなさんのテレビ出演のご依頼は・・・

メディア窓口:株式会社パレット 担当 桜井たい子 090-2678-6017

お問い合わせ